そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

無印良品の手帳を使ってきた感想(個人的視点から

手帳はほぼ日手帳無印良品の手帳のどちらかを、長年使ってきました。

個人的に感じた違いを、書いていきたいと思います。

シンプルでスタイルを崩さない無印良品の手帳

無印良品の手帳は、毎年デザインも内容もほぼ同じです。

変わるのはカバーの色ぐらいでしょうか。

手帳の種類も中身も、殆ど変化がありません。

 

無印良品の手帳のいいところ
  • シンプルなデザインなので日常からビジネスまで使いやすい
  • 中身に変化がないので、使い続けても違和感がない
  • 手帳の書式が複数あるので、選択できる
  • 乳白色で書いた文字が見やすい
  • 自分で色々とアレンジできる自由度がある

ビニール製カバーに年がるだけの、シンプルな表紙です。

マンスリー、マンスリーウィークリー、ウィークリーの種類があります。

紙質は上質紙で、特にボールペンで引っかかったり書きにくいこともません。

180度広げても、ばらばらになる様子はありません。

 

紙が真っ白で目が痛くなる事もなく、書いた文字が見やすくなっています。

中身も本当に必要最小限なので、物足りない人にはこれ以上はないくらい物足りない手帳です。

ですが必要最小限の機能美と、アレンジをしたい人には向いていると思います。

 

無印良品の手帳の気になるところ
  • 紙質がノート向きの硬め
  • 立ってかけるタイプのものがない
  • 土曜・日曜、祝日と平日の違いは、色の濃淡だけ
  • ペンは別にもつ必要がある
  • メモのための方眼や罫線がやや自己主張している

紙質は、高級ノートのような硬くて厚めです。

万年筆を使わないので裏抜けがあるかわかりませんが、ボールペンで書くのには困りません。

そこから考えて、机で広げて書くことが前提の手帳だという印象です。

多少表紙が硬くなっているものがありますが、多ってメモをしたり予定を書くには少し不自由です。

また日付の表示は、基本的に黒一色です。

土曜・日曜・祝日と平日の違いは、表示の濃淡で区別します。

特にわかりにくいと感じたことはないのですが、わかりにくい人はいると思います。

 

実際に無印良品の手帳を使ってみて

毎年変わらない構成は、続けて使っていくうえで書きやすかったです。

その反面、「手帳を変える」というわくわくした感じは半減してしまいます。

使い心地は悪くなく、実用性第一の手帳そのものです。

 

例えば家族全員の予定を管理するには、記述するところが狭いかもしれません。

複数の人の予定を管理しやすくするための工夫は、一切ありません。

このようにシンプルで自由度が高いため、自分で書き方や使い方を工夫する必要が出てきます。

 

やっぱりシンプルな手帳が好みかもしれない

手帳を書いていて気になったのは、メモ欄の方眼や罫線の濃さです。

少し濃いような気がして、手帳のサイズが大きくなればなるほど気になるような気がします。

実際に書いてて目がちかちかしたりすることはなかったのですが、何も書いていないページを見ると存在感が大きく感じます。

 

シンプルで実用性が高く、書き心地も悪くありません。

同じような構成で2000円~3000円の手帳がある中、比較的安く手に入れることができるのはとてもありがたいです。

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ