そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

ラブライブ!1期の友達3人を褒めたたえよ

ラブライブ!1期の友達3人組とは

先日ラブライブ!1期を全て見終わった感想を書きました。

pomu2019ab.hatenablog.jp

 実はこの時、感想の中で書いてないことがあります。

それが友達3人組の事。

名前を私は知らないのですが(ちゃんと名前があるのかもしれないけど)、この3人組のアシスタントぶりというか裏方の支えが「グッジョブ!」といいながら拍手してあげたいくらいなのです。

 最初から最後までそっと寄り添っていた

あのガラガラの初ライブのスタッフとしてμ’sを支え、そしてLoveLive!参加の為に雪かきを呼びかけまで。

それだけではありません。

さりげなく生徒会の仕事の手伝いもしてるんです。

そう、彼女たちは最初から最後までμ’sを陰ながら支えてきたのです。

 

ですが彼女たちがメインの話はありません。

気が付いたらμ’sを当然のように陰ながらサポートし、自慢も「感謝しなさいよ」と押し掛け気味に迫ることもありません。

「友達だから支える」という事を、当たり前のように実行しているのです。

 君たち本当に人格者すぎ。

μ’sの大躍進は絶対彼女たちの存在がないと無理

μ’sは、スクールアイドルとして活動しています。

歌、ダンス、衣装もすべて自分たちで準備する必要があります。

でもそれだけでは、アイドル活動はできません。

 

一度文化祭をはじめとした企画物や展示を経験するとわかるのですが、人に見せる部分は全体のほんの一部です。

そのための準備、いわゆる裏方の仕事が全体の約9割といってもいいでしょう。

 

はっきりとは描かれてはいませんが、自分たちのライブの為の準備(ステージ準備など)をそっと手伝っていると思います。

これは妄想ですが、ライティングやネットにあげるための動画も彼女たちが撮影したこともあるのではないでしょうか。

授業のノートも貸してあげてるかもしれません。

 

つまりあの友達3人組がいてくれたおかげで、μ’sは躍進を遂げたとも言えます。

勿論μ’sの頑張りがあってのことですが。

今こそ褒めたたえよ!あの友達3人組を

μ’sのイベントや宣伝、コラボで彼女たち友達が出ることはありません。

あくまでラブライブ!は、スクールアイドルであるμ’sが表舞台に出る存在です。

だから裏方の彼女たちは、その存在が表に出る事は今後もないでしょう。

 

ですが私は言いたい。

裏方で支えぬいた3人の友達に喝采を。その友情と行動に喝采を。

今こそ褒めたたえたいと思います。

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ