そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

無印良品のブルーライト対応眼鏡を使ってみた感想

 

無印良品週間が開催中

 前回との無印良品週間とそれほど間が空いてないと思うのですが、また開催中です。

(2019/12/25まで)

クリスマスシーズンに合わせての特別セールでしょう。

年末の手帳や旅行用品、クリスマスプレンなど、良品週間に色々と買い込んでいる人も多いと思います。

私はこの時に、必要な物や気になるものを買う事に決めています。

ブルーライト対応眼鏡もある

 あまり知られていませんが、無印良品ブルーライト対応眼鏡があります。

ボストン型、オーバル型の2種類です。

両方ともブルーライトが25%カットとUV400カットで、値段は約1500円。

レンズは透明ですが、よく見るとほんのり茶色です。

度ははいっていません。

 

 100円ショップや300円ショップでも、ブルーライト対応眼鏡はあります。

実際に使ったことがありますが、眼鏡の幅や鼻のところが痛くなったので使わなくなりました。

短時間ならあまり気になりませんが、長時間かけるには窮屈です。

もしメガネフレームの造りが合う人なら、ちょうどいいと思います。

実際に使ってみた感想

 ブルーライト25%カットは、長時間使うには丁度いいレベルです。

「25%しかカットできないのか」と思うかもしれません。

確かにカット率が高いのもあるのですが、透明レンズであるほど値段も高くなります。

また色付きレンズは、カット率が高くなるほどサングラス寄りになってきます。

どこまで折り合いをつけるなら、25%前後が丁度いいのです。

 

 PCの設定で夜間モードにすれば、PC自体である程度ブルーライトカットができます。

その設定をしてから、眼鏡を使ってみました。

 

pomu2019ab.hatenablog.jp

眼鏡を使ってみて感じた良いところ

 眼鏡をかけた方が目の痛みや充血が眼鏡をかけるよりも少なく、目の疲れが少ない気がします。

長時間眼鏡をかけていても、フレームによる疲れを感じません。

鼻を固定する部分の調整はできませんが、痛くありません。

デザインも普段使いしやすいデザインです。

 

 度が入っていないので普通の眼鏡と兼用で使えませんが、コンタクトをしていれば兼用しても問題ないレベルです。

この値段帯のブルーライトカット眼鏡でこの使い心地は、いいと思います。

「お値段以上」を感じました。

眼鏡を使ってみて感じた悪いところ

 鼻の固定具が調整できないので、眼鏡の位置が合わなくて使いにくい人はいると思います。

でも一番の問題は、レンズへの反射です。

使う角度によって、眼鏡のレンズに光や画像が反射されてしまいます。

画面が見えなくなるほど反射が酷いわけではありませんが、使いづらさがあります。

総合的にみて値段の割に使いやすい

 大手の眼鏡屋が、ブルーライトカット眼鏡をデザインも様々に色々作っています。

顔に合わせてフレームを調節したり、視力に合わせて度入りレンズに変えることもでき、眼鏡として使いやすくなります。

 

 無印良品ブルーライトカット眼鏡は、値段やデザインも使い勝手がバランスがいいと思います。

ただしレンズの反射は、使い方を考える必要があります。

車の運転や自転車でサングラス代わりに使うには、危険です。

 

 PCやスマートフォンなどのブルーライトカット眼鏡として使うのが、一番です。

比較的手にしやすい値段帯でもあるので、気になる人は試してみるのもいいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ