そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

サンタクロースの正体を知ったあの日

今週のお題「クリスマス」

 

クリスマスはお菓子とケーキとサンタクロース

クリスマスといえば、普段より珍しいお菓子や沢山のケーキ、そしてサンタクロースのマスコットなど華やかな雰囲気です。

どこか特別感があって、好きでした。

今でも華やかな特別感があって、ウキウキします。

子供のころ、サンタクロースを信じていましたか?

私は半分疑って半分信じていました。

それは幼稚園の時に、サンタクロースを見たからです。

f:id:pomu2019:20191224235919j:plain

サンタクロースは幼稚園にやってきた

幼稚園では、クリスマス会が開催されていました。

 

「さあ、サンタさんがきてくれましたよー」

毎年クリスマス会に、サンタクロースがやってきます。

そして一緒に歌を歌って、お菓子をくれました。

だから「サンタさんは本当にいるのかもしれない」と、信じていました。

 

でも不思議でした。

サンタクロースはどこからやってくるのかと。

気が付いたら、幼稚園にやってきてくれているのです。

 サンタクロース?あれ?

お昼寝の時間から起きると、枕元にお菓子が置かれていました。

先生たちも「サンタさんがもってきてくれたんだよ」と、ニコニコしながら教えてくれます。

いつの間に来るのか!?

子供ながらにサンタクロースを見たいと思っていましたが、気が付いたら寝てしまっているのです。

毎年悔しくてしかたなかったです。

 

ですがある年のクリスマスに、うっすらと目が覚めました。

誰かいる気配を感じてそっと周りを見ると、サンタクロースがお菓子を配っているのが見えました。

でもよく見ると変です。

サンタの髭がなくて、服装だけのおじさんがお菓子を配っていたんです。

「え・・あれ、お菓子屋さんのおじさん?!」

ついに正体を知ってしまいました。

私はびっくりして、ギュッと布団にもぐってしまいました。

サンタクロースがサンタクロースじゃなくて、しかも身近に見かけるおじさんで。

この生活感あふれる正体にショックを覚えましたが、どこか納得しました。

心のどこかで、サンタクロースは人間のだれかだと思っていたのでしょう。

今の子供ってサンタクロースをどこまで信じているのだろ

情報がどんどん流れ込んでくる時代です。

サンタクロースも本当に存在しているのではなく、だれかが演じていることに何歳で気が付くのでしょう。

親も一生懸命に正体を隠していると思うので、できる事なら小学生に上がるまではばれないでほしいと思います。

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ