そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

NewモデルのFireHD8のスペックは買いかどうか

 

NewモデルのFireHD8が出た

f:id:pomu2019:20200514221237j:plain

 amazonのFireHD8の新型が出ました。 

最近ずっとamazonのFireHD8が商品から消えていました。

「商品として販売中止か停止になったのか」と思っていたのですが、Newモデルが出るためだったのですね。

全体的な性能は旧版から上がっていますが、性能が値段の割に微妙かな?というのが素直な感想です。

特にNewFireHD8 Plusは、セールで購入が一番コスパがいいかなと思います。

 NewモデルFireHD8の性能

 今回2種類のFireHD8がでるので、その代表的な性能をまとめてみました。

カラーはFireHD8が3種類、プラスは1種類です。

  FireHD8 FireHD8 Plus
サイズ 8インチ 8インチ
解像度 1280 x 800 (189ppi) 1280 x 800 (189ppi)
プロセッサ クアッドコア2.0GHz、2GB RAM クアッドコア2.0GHz、3GB RAM
Alexa搭載 Alexa搭載。ハンズフリーモード対応 Alexa搭載。ハンズフリーモード対応
ストレージ 32/64GB 32/64GB
USB USB-C (2.0) USB-C (2.0)
バッテリー 最大12時間 最大12時間
ワイヤレス充電 ×
重量 355g 355g

 

 Newモデルは、旧版と比べて大きさと重さはそれほど変わりません。

今回のNewモデルで機能的に新しいのが、ワイヤレス充電対応の機種が出たことです。

FireHD8とFireHD8 Plusの明確な違いは、プロセッサとワイヤレス充電付きであることです。

FireHD8は9980円、FireHD8 Plusは11980円。

FireHD8とFireHD8 Plusの価格差は、2000円です。

旧版のFireHD8は約9000円だったので、若干値上がりしています。

NewモデルFireHD8は買いかどうか

 スペック自体が上がったので、多少の値上がりはしょうがないと思います。

狙いは他の同じタブレットの中で割安なのを目指している、という事ですが、コンセプトはあっていると思います。

下手な中華タブレットを買うよりも出所と保証がはっきりしているので、その点を考えても安心感があります。

 Androidタブレットとして考えると、FireHD8は独自のOSを使っているので純正のままでは使えません。

補償が無くなる覚悟であれば、Androidタブレットにして使うこともできるかもしれません。

Androidタブレット化する手段をもち、かつ、格安で使えるwifi接続のAndroidタブレットを求めるならありだと思います。

スペック的にAndroid端末で行えるゲームは、あまり重いものは厳しいかもしれません。

予測ですが、Android端末として使うなら、FGOや艦これ、刀剣乱舞は遊べると思います。

しかしゲームによっては処理が重いと感じます。

買うなら、セールのタイミングを狙うのがいいかもしれません。

amazonプライムを利用するなら更にいいかも

 amazonプライムを利用するなら、FireHD8はかなり相性がいいです。

私は旧版のFireHD8を使っていますが、プライムビデオを見たりするには丁度いい感じです。

kindleとして本を読むならば、少々重く感じるのは残念な点です。

あまり持ち歩かずに家の中で使うなら、いいタブレットだと思います。

最近のタブレットに比べるとスペックが落ちますが、割り切って使う分には格安です。

元々Fireタブレットシリーズは割り切りが必要なので、それさえできればお得なタブレットです。

 

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ