そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

アクセス数を増やすには適切なテーマを書くより好きな事を書くべきか

 アクセス数はモチベーション維持に効く

f:id:pomu2019:20200610233602j:plain

 ブログを書いていて、アクセス数が気にならないという人はまずいないと思います。

アクセス数はそのブログの評価の全てではありませんが、書き続けるためのモチベーションともなります。

 文章を書くこと自体が好きですが、やはり私も、アクセス数がブログを続けるモチベーションになります。

 

 いきなりアクセス数が増えたことがあり、びっくりしたことがあります。

その原因を考えていきたいと思います。

いきなりアクセス数が増える

 私のブログのアクセス数がいきなり増えた時があり、何事かと思いました。

はてなブログの「アクセス数」を開くと、GoogleYahoo!からどのような検索ワードで検索されたのかわかるようになっています。

そこを見ると、検索ワードで私のブログが出るようになっていました。

 

 やはりGoogleYahoo!検索は、強いですね。

検索ワードがぴたりと一致すると、驚くぐらいアクセス数が増えます。

検索ワードを意識して記事を書くべきか

 「アクセス数を増やす為にはSEO対策として、検索ワードを意識して記事を書こう」

ブログ関連の本や記事には、よくこういう風に書かれています。

実際は、これが実に難しいんですよね。

 

 話題になっている事を常にサーチして、速攻で記事を書くのもアクセス数を稼ぐために有効な手段の一つです。

検索キーワードを調べたり、興味を持っている人が多いうちに記事を上げたり。

私には、あまりそういうのは向いてないかもしれません。

 

 今回検索ワードで引っかかったのは、偶然だと思っています。

このブログは雑記ブログなので、基本的にその時に気になったことや思いついたこと、考えたこと、日常のネタなどを書くようにしています。

「何でもあり」が売りですが、一方で「何もない」とされるジャンルのブログです。

特定ジャンルのブログを作るべきなのかどうか、まよいどころではあります。

「自分のブログはこうしたい」という指針や、ブログを書く目的によって変わってくるので、どれが正解とはわかりません。

 

 雑記ブログは、何でも書いたもの勝ち、ではないでしょうか。

ブログは「自分が楽しい」が最強かもしれない

 ブログを書く目的は、人によって様々です。

自分の言いたいことを認めてほしい、知ってほしい、収入の助けにしたい。

色々な人のブログを読んでいて思いますが、どんなブログでも共通するのは「書いている人が楽しい」「書いている人の気持ちが真っすぐ」であると感じる記事は、引き付けられることです。

 

 名文でなくてもいいのです。

つたない文章でも、中身が暗いものであっても明るいものであっても、そこに何か引っ張るものがあります。

それがきっと「自分が楽しい」ということや「気持ちが真っすぐ」という事だと思います。

情報系のブログは伝え方や情報の正確さなどが必要ですが、その根底にあるのは同じ事だと思います。

 

 雑記ブログは特に、なんでも書くのが一番重要だと思っています。

それがいつか、ふとした瞬間になにかの検索に引っ掛かることがあります。

それはほんのわずかな可能性でもありますが、やはり継続していくことの大切さを感じます。

 

 わたしには、まだまだブログのアクセス数を上げるテクニックはありません。

何をしていいのかもよくわかりませんが、とにかく記事を書いていくしかないなと思います。

結局私は、好きな事を書いていく。

これが自分のスタイルに合っているのかもしれません。

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ