そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

【一人暮らし】通販で服を買って現実と直面する

 通販で服を買いますか?

f:id:pomu2019:20200613132033j:plain

 通販で服を買うことは、今や当たり前の手段として生活に馴染んでいます。

その時参考にするのが、通販カタログやオンライン上に載っている写真です。

服そのものの写真やモデルさん達が着用している写真をみると、イメージを想像して楽しくなります。

 

 しかし実際に買うと、明らかにイメージと違うことがあります。

私たち氷河期と言われる世代になると、それが多くなると感じるのです。

通販カタログや通販サイトは、つくづく「夢を売る」のが主流だなと実感します。

 そして自分が歳をとっていくという、当たり前の現実に直面するのです。

着用イメージの差が大きい

 買った服を実際に着た時、多かれ少なかれがっかり感を感じる事はないですか?

服の寸法、着心地、生地の質感、着た時のイメージ。

実際に試着をして購入したわけではないので、これらのリスクは当然あります。

その中で一番ショックを感じるのが、「モデルさんと全然イメージが違う」という事ではないでしょうか。

 

 「あのモデルさんのようなイメージ」を多かれ少なかれ想像してしまうんですよね、買う時に。

そして着てみると「あれ?なんだか体形が・・・」となり「これは自分には難しいぞ」と現実を知る事になるのです。

 

 衣類を扱う通販の多くは、返品サービスがあります。

だから返品してしまえばいいんですが、真のダメージは別にあります。

現実とイメージの剥離の大きさにダメージを負うのです。

それは突き詰めれば、自分が歳をとって体形が変わっているという現実です。

歳をとる事は自然な事だけど

 年齢を重ねていくことは、自然な事です。

それに伴って体の変化もあることは、十分頭では理解しています。

しかし現実を突きつけられると、感情的に拒否したくなるのも真実です。

 

 特に様々なメディアや企業の広告で「いつまでも若く」「若いのが美しい」とされる価値基準があふれている中、自分が歳をとっていくという現実。

正直言って焦りと恐怖を感じます。

自分が醜くなっていくという、恐ろしさ。

いつからなんでしょうね、美しさ=若さという価値基準が強固になったのは。

歳をとる事を恐れているだけはやめる

 私は通販の服を自分が着た時に、歳をとる事の現実と焦りを感じます。

しかし同時に、受け入れなければいけないとも思っています。

お尻も胸も20代よりは下がってきます。

顔だって肌の張りが違っています。

 

例えば今から10代や20代の子と同じメイクや流行の服を着たとしても、もう似合いません。

取り入れるのならば、年齢にあったアレンジをする必要があります。

 

 「若くありたい」「綺麗でありたい」

それを思っている時点で、10代や20代の時期と違うと無意識に認識しているという事です。

自分の中でまだまだ、若さ=美しさという価値観は根強く残っています。

焦りや抵抗感もありますが、歳をとる事を恐れるだけはしないようにしたいです。

それはとてもとても、辛い事ですから。

 

 自然な美しさを身につけるようにしたいです。

 

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ