そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

乾燥対策に固形石鹸を使っている話

 固形石鹸をずっと使っている

 体を洗う石鹸といえば?と聞かれたら、ボディソープと答える人の方が今や多いのではないでしょうか。

石鹸売り場を見れば、ボディソープがずらっと並んでいます。

かつて主流だった固形石鹸は売り場の隅っこに、ひっそりと置かれている事が多くなっています。

 そんな現状ですが、私は固形石鹸を愛用しています。

何故なのか?固形石鹸の方が肌の状態がいいからです。

秋冬の感想対策では、固形石鹸と手、布製ボディタオルの組み合わせがいいと感じています。

私の乾燥肌対策の一つです。

使っていて感じる固形石鹸のいいところ

 今でも固形石鹸を体を洗うときに使っているというと、「古いね」「珍しい」といわれたことがあります。

正直ショックでした。

それでも何故使っているのかといえば

・使用後のすっきりとした使用感

・泡切れが良い

・肌の調子がよい

これらの理由です。

 

 あくまでも個人的な感想ですが。

ボディソープを使うと、どうしてもしつこくぬるぬる感が肌に残っている感じがするのです。

そして肌が乾燥しやすくなります。冬場は特にその傾向が大きくなります。

ボディソープもどんどん改良が進んでいると思うのですが、肌の汚れだけでなく潤いも、ごっそりと落とす力が強い感じがするのです。

肌の乾燥の為に洗い方で気を付けている事

 秋冬は肌が乾燥しやすくなる季節です。

その対策として、固形石鹸をボディタオルや手を使って体を洗うようにしています。

 

 汚れを落とすだけなら、シャワーを浴びるだけで衛生的にクリアできると聞いたことがあります。

しかしやはり垢や汚れはたまりますし、気になります。

 

 布製ボディタオルと固形石鹸の組み合わせは、気分的にもすっきりしてお勧めです。

肌を傷めず、汚れをしっかりと落としながら肌の潤いを守ってくれています。

タオルで汚れが落ちるのか?と思うかもしれませんが、大丈夫です。

最初は物足りないかもしれませんが、とても気持ちいいですよ。

私はこれで慣れているので、逆にナイロンのボディタオルは痛く感じます。

布製のボディタオルは古くなったタオルでも十分ですし、100均で売っているものでも十分です。

 

 肌が荒れて痛いときは、手で肌をなでたり石鹸をつけて優しく洗ったりします。

下手な刺激がないのはいいのですが、少し物足りなくい感じるのも正直な感想です。

しかし肌の乾燥は、よくなるのが早くなりました。

固形石鹸はオリーブ石鹸が一番良かった

 色々固形石鹸を使ってきましたが、乾燥肌対策として一番いいと思ったのが

オリーブ石鹸

これは有名で鉄板ですが、使った後に肌がさらさらになって乾燥しにくくなります。

勿論これだけで乾燥肌を防ぐことは秋冬は厳しいものがありますが、肌のしっとり感とさらさら感は癖になります。

 しかし難点もあります。

匂いが粘土の匂いなのです。

私は慣れましたが、人によっては抵抗があるのは理解できます。

物によってはレモンやラベンダーの匂いがついているのもあります。

  石鹸として必要最小限の成分しかないので、多少溶けやすいという欠点もあります。

 

オリーブ石鹸は効果をとるか、匂いを我慢するかという選択が必要な固形石鹸でもあります。

しかし肌にはとても優しく、特に秋冬はこれを使うと、肌の乾燥を和らげてくれるので愛用しています。

 

 秋冬は肌の乾燥が酷くなる時期でもあるので、この時期だけ使ってみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ