そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

重曹とクエン酸の掃除はこまめが基本だと思った

 

重曹クエン酸は代表的は自然派掃除アイテム

 重曹クエン酸は、どちらも代表的な自然派の掃除アイテムです。

両方とも食品添加物として、国に認められています。

食べても触っても人体に無害でありながら、掃除、化粧品、脱臭剤、除湿材など多方面に活用できます。

そのため、自然派ナチュラルな生活アイテムとしてよく紹介されています。

入手法方は簡単で、スーパー、ドラッグストア、100均などで気軽に入手できます。

 私は重曹クエン酸を掃除や消臭の為に使っています。

全面的に使っているわけではありませんが、率直な感想を書いていきたいと思います。

 重曹クエン酸を使いだしたきっかけ

 私は特に自然派アイテム大好き!というわけではありませんし、それが一番優れているという考えでもありません。

そんな私が、何故今でも重曹クエン酸を掃除に使っているのか。

切っ掛けはほんの些細な好奇心からです。

 昔これらのアイテムが、度々雑誌やネット記事で話題になっていた時期がありました。

それで関心をもって、一度使ってみようと思ったからです。

びっくりするぐらい軽い動機です。

 掃除や消臭、除湿など、食べたり肌に塗ったりしないならば、精製が低くても関係ありません。

私は1㎏が約300~400円レベルのものを使っていますが、これで十分です。

どのように使っているのか

 掃除目的では、トイレ、キッチン、時々風呂場で使っています。

昔参考にした本に、汚れの種類や度合いによって重曹をペースト状にして使うように書かれていました。

 しかしそれが段々面倒になってしまい、今はこの方法は使っていません。

結局簡単な方法が残り、重曹を振りかけてこすったり、水に溶かした液をスプレーして使ったりしています。

 風呂場やトイレでは、クエン酸をあわせて使うこともあります。

重曹クエン酸を混ぜて水を加えると、化学反応で発泡します。

それを利用して、風呂場の排水溝の匂いとりやぬめりとり、トイレの輪っか汚れとりに使っています。

下駄箱や排水溝の不快な匂い対策としても、使っています。

 重曹クエン酸を実際に使っての感想

 現在重曹クエン酸を掃除や消臭目的で使っているのですが、短所と長所があります。

重曹クエン酸を使ってわかった短所

 ・必要最小限の機能のみである

 ・使う場面にあわせて重曹クエン酸を加工する必要がある

 ・汚れに適した使い方をしないと効果がほとんどない

 ・頑固な汚れやカビなどは、専用の洗剤や薬剤を使った方がよい

 ・まとめて掃除するよりも、こまめに掃除をする必要がある

 ・消臭効果はあまり期待しない方がいい

 

 重曹クエン酸を使った掃除は、本当に「汚れを落とす」という機能のみです。

汚れをつきにくくしたり、気になる匂いを防いでくれません。

きれいな状態を保つためには、こまめな掃除が必要です。

 

 重度の汚れやカビに対しては、薬剤や洗剤を使った方が簡単ですし効果的です。

重曹クエン酸で対処はできますが、掃除前にひと手間かかります。

いざ掃除をしても、ペーパータオルやラップなどが必要となってきます。

正直言って掃除にかかる手間と時間がかかり、効率的とは言えません。

それならば最初から素直に薬剤や洗剤を使った方が手軽です。

 一番効果なしと思ったのが、カビです。

クエン酸を使って根元からの対処をしたことがありましたが、大変で時間がかかった割に効果は今一。

むしろ準備と後片付けが面倒で、一度体験してからは素直にカビキラーなどを使っています。

 重曹クエン酸を使ってわかった長所

 ・軽い汚れであれば、洗剤類を多く用意しなくてもよい

 ・食品を扱う場所で薬品の心配をしなくてもよい

 ・小まめに掃除をすれば、綺麗な状態を保てる

 ・組み合わせや使い方で、掃除に使える範囲が広くなる

 

 最大の長所は、初期の汚れであれば洗剤を色々と用意しなくてもいい事です。

在庫管理がほとんどいらず、その分置き場所をとりません。

小まめに掃除をすれば汚れも落ちやすく、簡単に掃除ができます。

台所など食品を扱うところでは、薬品を使ってないので洗い残しがあったとしても不安がありません。

重曹クエン酸は、成分で言えば塩とお酢です。

適度に洗剤も合わせて使うのが一番かもしれない

 今でも重曹クエン酸を使って掃除をしていますが、私はそれに合わせて食器洗い用洗剤も組み合わせて使っています。

「だったら最初から、それぞれの洗剤を使った方が早いのでは」

と思うかもしれません。

確かにそうです。

 しかし色々と在庫管理したり置き場所を作るのが面倒くさいのと、食器洗い用洗剤は常に家にあるからです。

食器洗い用洗剤は、お風呂掃除にしか使っていません。

汚れが酷いと専用の洗剤が必要となってきますが、普段は重曹クエン酸、たまに食器洗い用洗剤を使って掃除しています。

重曹クエン酸だけよりも、時々使ってあげるとよく落ちます。

 トイレ掃除は、今のところ重曹クエン酸だけです。

ただしこまめな掃除が必要となってきますし、特に匂いを消したり中和することはありません。あくまで汚れを落とすだけです。

トイレ掃除はこまめにすると匂い対策にもなるので、一石二鳥といえば一石二鳥です。

 

 もし重曹クエン酸を掃除に取り入れるのならば、そればかりに固執しない方がいいと思います。

面倒くさいならやり方を変えてもいいし、洗剤や薬剤を頼ってもいいと感じています。

今のところ特に不便は感じていないので使っている、というのが私の現状です。

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ