そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

スーパーのパック寿司が好きなんだ

今週のお題「寿司」

f:id:pomu2019:20210713003458j:plain

スーパーのパック寿司が好き

「スーパーのパック寿司が好き」と言うと、馬鹿にされがちです。

私だって回転寿司や昔ながらの寿司屋で食べたこともありますし、それもとても美味しかったです。

これらの寿司も私は好きですよ。

しかし最も身近で美味しい寿司と言えば、私にとってはスーパーのパック寿司です。

パック寿司って、「デイリーに食べる寿司」としては最高だと思うんですよ。

 パック寿司の魅力って何だろう

 スーパーのパック寿司(以下パック寿司)の魅力をあげるならば

・内容がバラエティ豊か

・食べたいときに手に入りやすい

・お店で食べるよりも安い場合が多い

・季節物や地域特有の寿司ダネが入っていることが多い

・あるだけで「とりあえず食べたい」となる

 

 パック寿司は、スーパーのお総菜コーナーに必ずといっていいほど置かれています。

その中身は様々。

サーモンだけやマグロだけの寿司のように、1つの寿司ネタを様々にアレンジされたもの。

何種類もの寿司ネタが入っているもの。

巻き寿司だけ、にぎり寿司だけのように寿司の種類でまとまっているもの。

少しあげるだけでもパック寿司という商品の種類は色々あります。

それだけパック寿司は、選ぶ楽しみがあるんです。

 スーパーに行けばすぐに購入できてお値段も割とリーズナブル、そしてそこそこ美味しい。

それがパック寿司です。

 食通やグルメという人から見れば、パック寿司を美味しいと思うなんてと笑いたくなるかもしれません。

しかしいろんなお寿司を手軽に食べれるし、子供から大人まで美味しく食べれる。

これって凄い事だと思うんです。

 だから私はパック寿司が好きです。

 パック寿司のちょっと不満なところ

 パック寿司に不満や不便だと思うことがあります。

寿司が崩れないように持ち帰るのが、難しい事です。

特に今はマイバックが推奨されているので、容器が傾きやすくなりがち。

(多少崩れたとしても食べてしまえば同じですが)

 

 パック寿司の中身は、1セットとして中身が決められています。

つまり自分の好きなネタだけを選ぶ事ができません。

どこかで妥協をする必要があります。

おすすめしたいのがネタの種類が豊富なパック寿司

 私が好きなパック寿司は、ネタの種類が豊富なものです。

何故なら、いろんな味が楽しめるから。

好きなものが1種類入っているのも、思う存分ネタを楽しめるので好きです。

が、買うときにネタの種類が多いものを選びがちです。

 

 ネタの種類が豊富でも、味のバランスも見ます。

こってり系の物に偏ってないか、あっさり系の物ばかりでないかチェックします。

そして卵が入っていると、味のクッションになります。

また私はサーモンが好きなので、サーモンが入っているものを優先します。

高級スーパーと格安スーパーはごはんよりネタが違う

 何となくですが、高級スーパーとお手頃価格スーパーでは魚の味よりもネタの種類に違いがあるように思います。

正直言って、握りの米の部分の味はそんなに極端に違わないと思います。

それよりも上にのっているネタに、顕著に違いがあります。

やはり高級スーパーの方が高いネタの割合が多いですし、そもそもネタもいいものを使っているなとわかる輝きがあります。

一番わかりやすいのは、マグロの赤身でしょうか。

 しかし両方とも、満足度はあります。

パック寿司にはその店の魚のレベルがわかるので、色々食べ比べてみるのも面白いですよ。

 

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ