そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

無印良品の4コマノートと短冊メモの使い方は?

 無印良品の中でも使い道がすぐに浮かばないアイテム

 無印良品にはいろいろなアイテムがあります。

その中で使い道が今一思い浮かないものがありまして、その一つが4コマノートと4コマ短冊メモ(以下4コマノート)です。

見かけた時に面白いアイテムだと思って購入したのですが、使い方がよく浮かびませんでした。

4コマノートとは

 通常のノートは罫線や方眼、ドット、無地だったりしますが、それが4コマ漫画のコマ割りが1ページに8個印刷されたノートです。

短冊メモは、1枚にコマが4個印刷されています。

ノートの紙質は漫画雑誌レベルで、短冊メモはそれよりも若干良いレベルです。

 無印良品にしてはとんがったアイテムで、かなり限定された層に需要があると考えられていました。

しかし発売された当初から「ユニークなアイテムがある」と注目され、一時期売れすぎて品薄になるほど。

一旦店頭から消えていましたが、復活したと記憶しています。

どんな風に使っているのか

 無印良品の4コマノートをどのように使っているのか調べてみると

・漫画やプレゼンテーションの下書き

・勉強のまとめ

・アイデア

・家計簿

・ToDoまとめ

・ペンやマスキングテープの標本(試し書きや色見本)

・手順書

・日記

・簡易的な手帳

 

 思ったより色々な多種多様な使い方をしている人が多いようです。

王道は漫画やイラストのアイデアや、プレゼンテーションのまとめです。

 

1コマに用語と意味をまとめたり、順番に大まかな年表を書き込んで流れを覚えたり、色々な手順をまとめたり。

勉強の簡易的なまとめは、なるほど!と感心しました。

コレクションアイテムのまとめとしても、枠がついているのでわかりやすいですね。

 

1コマごとに区切られていて、しかもコマとコマの間に隙間があります。

直感的にわかりやすいので、「何かをまとめる」という使い方が多いのがわかりました。

私の4コマノートの使い方

 実は私も実際に使っています。

私の使い方は、IDとパスワードの管理帳として使っています。

利用しているサイトのIDとパスワードをどのように残すか?という事に悩んでいたのですが、ちょうど4コマノートが目に付いたので使いだしました。

 サイトやサービスによってフリーアドレスを使い分けているので、必要なフリーアドレスをが複数あります。

利用サイト名とアドレス、そのパスワードなどを1コマの中に書き込んでいます。

いったん決めたパスワードを変えた時も、同じコマに赤文字で修正しています。

一番の目的は見やすくわかりやすく管理することなので、書き込んで見にくくなると利用しているコマにバツマークを付けて新しいコマに書き直しています。

 IDとパスワードの管理は今すぐ必要にならなくても、数年後にどうだったかわからなくなる時があります。

そういう時に1つにまとまっていると、とても便利。

 

 もう一冊はアイデア帳として使っています。

絵をかいたり思いついたデザインを書いてみたり。

本の感想なども簡単にまとめたりして、読んだ本のリストも兼ねています。

なんでも帳としてですね。

特にコレ!として使っていなくても、意外とすんなり使えます。

万人向けではないけど4コマノートは「使える」文房具

 人の使い方や自分の使い方をみると、万人向けとは少し言いずらい文房具だと思います。

しかし「まとめる」という事に関しては、とても優秀なノートだと実感しています。

無理に全部のコマを埋めなくてもいいんです。

根強い人気があるのも、わかる気がしています。

値段も税抜き100円なので気軽に試すことができます。

興味があるなら使ってみてもいいと思いますよ。

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ