そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

3COINSの8.5インチ電子メモパッドは用途限定ですすめたい

3COINSで電子メモパッド買いました

f:id:pomu2019:20211124173100j:plain

先日3COINSで電子メモパッドを買いました。

8.5インチで電池の取り換え可能、ペン付き。

これでお値段が税抜き500円という安さにびっくりしました。

実は前々からこの手のガジェットに興味があったので、衝動買いをしてしまいました。

しばらく使ってみた感想を書いていきたいと思います。

電子メモパッドを使ってみた感想

率直に言って3COINSの電子パッドは、用途限定でお買い得だと思います。

電子メモパッドおすすめの使い方

電子メモパッドの一番おすすめの使い方は、メモです。

マグネットが付いているので、磁石が付く場所なら簡単につけておくことができます。

ゴミの日や買うもの、在庫の管理、家族への伝言、やることの書き出し、予定の明示、持ち物チェック、仕事中のとっさのメモ、テレビや雑誌を見たときに気になった情報のメモ、ゲームの進行状況のメモ等。

大きさが8.5インチなので、結構目立ちます。

そのため「パッと目に入れたいこと」を書いておくのにぴったりです。

電子メモパッドでおすすめできない使い方

電子メモパッドでおすすめできない使い方は、繰り返し書いて練習することに使うことです。

例えば英単語や漢字の練習、文字の練習等繰り返して練習するもの。

これが電子パッドに向いてないなと思うのは、実際の紙と筆記具と書くのとでは微妙に書き心地が違うのと、練習するには場所不足であること、達成感がないことです。

 

電子メモパッドは薄い板に書くようなものなので、正直書きにくい傾向が大きいです。

書いたものをすぐに全部消せるのは便利なのですが、過去の自分の成果と今の成果を比較できないのです。

「ここまで上達できた」という達成感が少ないのは、練習していてむなしくなりがちです。

長時間書くには向いてないアイテムです。

電子メモパッドを使っていて感じた長所短所

実際に電子メモパッドを使って感じた長所と短所です。

書くと消すを手軽にできる長所

一番の長所は、さっとかけて消せること。

これ以上はない単純明快さです。

付属のペンで書き、ゴミ箱のボタンを押せば書かれていたものが全面すぐに消せます。

3COINSで販売されていた電子メモパッドは、電池交換もできるので使い捨てにならないのもうれしい点です。

若干書きにくさを感じるのが短所

ペンが付属でついてくるのですが、これが正直言って書きにくいです。

平たいペンのため、持ちにくいのです。

本体に書くときも、机の上に置いて書くほうが書きやすいです。

 

電源ON/OFFで削除ボタンを有効/無効に切り替えることができます。

スイッチをしっかり動かさないと切り替えできないことがあるので、注意が必要です。

付属よりおすすめの書きやすいペン

電子メモパッドは感圧式のペンで書けるようになっています。

付属でついてくるペンは持ちにくく書きにくいので、できるなら他の物を使ったほうが書きやすいです。

 

100均だと、たまに売っている3DSなどに使われていた感圧式のペンがおすすめ。

しかし注意点があります。

100均でよく売っているタッチペンは、ほとんど静電式なのです。

力を入れればかけないことはありませんが、線がぼやけてしまいます。

そのため3感圧式ペンを求める必要があります。

 

私が一番書きやすかったのが、ボールペンです。

ただしペン先を出して使ってはいけません。

画面が傷つくからです。

ボールペンのペン先を使わずに軽い力で書くのが、一番使いやすかったです。

シャーペンは先が鋭いのでお勧めしません。

 

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ