そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

スーパー銭湯はサウナを楽しむ派

 スーパー銭湯のサウナが好き

f:id:pomu2019:20200703000417j:plain

 先日、久しぶりにスーパー銭湯に行ってきました。

大きな風呂にたっぷりの湯、色々な種類の風呂。

それだけでも気持ちいいのですが、サウナも複数種類があって好きです。

家にサウナがないので、積極的に入ります。

スーパー銭湯に行くなら、積極的にサウナに入ります。

おすすめのサウナの種類

 私がお気に入りのサウナは

  • ミストサウナ
  • 塩サウナ

の二つです。

体への負担と美容のために

 ミストサウナは、名前の通りミスト(霧)が多いので湿度がとても高いサウナです。

ドライサウナよりも汗をかく爽快感は少ないのですが、その代わり肌や髪に優しいサウナです。

体への負担も少なく、繰り返して入りたい人におすすめ。

ドライサウナよりも汗をかく爽快感は少ないですが、ちゃんと汗は書いています。

肌を磨きたいなら

 肌を磨きたいなら、塩サウナです。

ドライサウナに近い状態のサウナの中で、汗をかいたら塩で体をもんでいきます。

塩でもんだり肌に擦り付ける事で、肌の老廃物やマッサージ効果を高めてくれます。

そのため肌がきれいになります。

勿論揉み過ぎや塩の使い過ぎには、注意が必要です。

過剰にやりすぎると、肌を傷めてしまいます。

ドライサウナは体の負担が大きい

 一般的にサウナというと、ドライサウナです。

高温でガンガン汗をかくことができる、ハードなタイプです。

汗をかく爽快感はありますが、身体への負担が大きいので繰り返してサウナを楽しみたいときは避けています。

入っても1回、多くて2回でしょうか。

色々とサウナが楽しみたいときは、私は避ける傾向があります。

サウナに入るなら水分補給を

 サウナに入るなら、水分補給が大切です。

最近のスーパー銭湯は、風呂場に飲料水があります。

それをこまめにとらないと、倒れてしまいます。

風呂場はただでさえ水分が体から抜けているので、サウナに入るならなおさら必要です。

サウナに入ったからといって痩せない

 ダイエット目的でサウナを利用する人もいると思いますが、一時だけです。

体から水分が抜けて、その分痩せたと錯覚するだけです。

しばらくすると戻ります。

 

 体重よりも、代謝をよくしたり水分補給で体を潤すという意味でダイエットにいいかもしれません。

水分をたっぷり体を温める事で便秘が改善されたり、気分転換になったり。

そういう意味で意味があると思います。

日常の娯楽としておすすめ

 スーパー銭湯は、日常の中にある身近な非日常の場所です。

お手軽に行けて気分転換できるので、好きな人も多いと思います。

今はコロナのせいでまだまだ制限もありますが、また楽しみたい気分がわいています。

気分転換できる場所でおすすめです。

 

 

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ