そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

Google図形描画で画像を加工する方法

 Google図形描画の画像加工

 Google図形描画で簡単な写真の加工ができます。

できる加工は

  • 画像のサイズ変更と回転
  • 色の変更
  • 画像の透明度、明度、コントラストの調整
  • ドロップシャドウをつける
  • 鏡像をつける
  • 文字を入れる

よくある写真加工アプリやソフトのように、画像にスタンプを付けたり不要な箇所を消したりすることはできません。

基本的な加工をする機能かあります。

基本的な事でも十分使える

 画像加工が基本的な事しかできないからと、がっかりするかもしれません。

しかし一般的には、これで十分と感じる人が多いと思います。

確かに融通をもっときかせてほしいところもありますし、便利なアプリやソフトと違って慣れが必要です。

実際に使っているとそう感じるのですが、反面、無料なら許容範囲とも感じることができます。

高度な画像処理がしたい場合は、素直に有料アプリやソフトを購入した方がいいでしょう。

その前に画像の編集をどの程度行えるのか、触ってみるのもいいと思います。

デジカメで撮った写真の加工をまとめてしたり、枚数がある時はパソコンの方が早く便利です。

ネットオークション、フリーマーケット、ブログなどの見栄えを良くするぐらいなら、十分使えると思います。

 

pomu2019ab.hatenablog.jp

 

Google図形描画の画像の加工方法

 Google図形描画を使う為には、Googleアカウントを取得する必要があります。(無料)

Google図形描画は、次の手順で開くことができます。

Googleドライブ→新規作成→その他→Google図形描画

画像や写真を読み込むのは

挿入→画像→取り込み元を選ぶ

画像や写真の取り込み元は、パソコンであったりGoogleドライブであったり様々です。

好きな場所から選択できます。

 

 共通の選択として、画像を選択してから「書式設定オプション」を選択すると、右わきに加工編集できるメニューが表示されます。

 この中からやりたい加工を選択します。

画像のサイズ変更と回転

 画像のサイズ変更と回転角度を変更することができます。

サイズはcm単位、%単位で変更することができます。

アスペクト比を固定する」をチェックすると、縦横の比率を変えずにサイズを変更できます。

f:id:pomu2019:20200424120749p:plain

色の変更

 色の変更は、予め用意されているパターン23種類のみ変更することができます。

 アプリなどによくある「ビンテージ風」「食事をおいしく」という機能ごとの色調の区分はありません。

それぞれのカラーパターンに変更した場合の画像が、表示されます。

f:id:pomu2019:20200424161420p:plain

画像の透明度、明度、コントラストの調整

 「調整」の中で、透明度、明度、コントラストの調整をすることができます。

元に戻したいときは「リセット」を押すと、調整する前の画像に戻ります。

ただし透明度だけリセットをしたい、と一部だけリセットをする事はできません。

 透明度:100%に近づけば近づくほど画像が透明になる

 明度:+になるほど(右寄り)画面が明るくなる

    -になるほど(左寄り)画面が暗くなる

 コントラスト:+になるほど色の区分がはっきりとしてくる

        -になるほど色が曇ってくる

ドロップシャドウをつける

 画像の周囲にシャドウを付けます。

Google図形描画の中で出来る画像加工の中で、他にちょっとない機能だと思います。

シャドウの色、透明度、角度、距離、ぼかし半径を調節することができます。

 色:決められた色の他にカスタムすることができる

 透明度:選択した色の透明度を調整することができる

 角度:シャドウの角度を調整することができる

 距離:シャドウの長さを調整する事ができる

 ぼかし半径:シャドウの色をぼかしたい時に調整する事ができる

f:id:pomu2019:20200424163212p:plain

画像をセピア調にして、シャドウをつけてみた例です。

片側だけでなく、ぼかし半径のみを調整することで周囲にぼかした感じでシャドウをつけることもできます。

f:id:pomu2019:20200424164325j:plain

鏡像設定

 鏡像設定は、画像が鏡に映ったような画像を追加する機能です。

鏡像が設定できるのは、下側だけです。

画像に角度をつけても、鏡像は角度にあわせてくれません。

  透明度:鏡像の透明度を設定できる。100%になるほど透明になる

 距離:鏡像と元画像の距離を設定できる。数値が大きくなるほど鏡像が元画像と離れる

 サイズ:鏡像のサイズを調整できる。数値が大きくなるほど鏡像が大きくなる

f:id:pomu2019:20200424170021p:plain

 鏡像をつけてみた例です。

鏡像の部分は、赤い四角枠の中です。(少しわかりにくいかもですが)

f:id:pomu2019:20200424170359j:plain

文字を入れる

 画像に文字を入れることができます。

文字を入れたい画面を開き、テキストボックスを使って文字入れをします。

上段の四角の中にTがあるアイコンが、テキストボックスです。

 テキストボックスを開くと、文字の色、書体、サイズ、位置、下線付きなどを選ぶことができます。

f:id:pomu2019:20200424171652p:plain

例として、文字の色を赤文字の太字で、中央揃いで入れてみました。

f:id:pomu2019:20200424171757j:plain

 

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ