そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

行き詰った時には行動をかえてみる大切さを感じた

 最近行き詰ってもやもやしてた

f:id:pomu2019:20200630012705p:plain

 最近、色々と行き詰ることがありました。

その原因は、自分の凝り固まった考えと思いこみでした。

気が付いたのに抜け出せない、そしてまた落ち込む。

負のループから逃れられない苦しみから、絶望的な気持ちの日々でした。

 

 そこから抜け出せたのは、「いつもと違う事してみる」という事でした。

思った以上に効果がありました。

なぜ行き詰るのか

 なぜ問題が発生して行き詰るのか。

それは「同じことを繰り返すから」という単純な事に気が付きました。

同じことを繰り返して、それが上手くいかない。

「できるはず」と思っても結局は同じ。

でもまたやってしまう。

一つの事にこだわって他が見えなくなる、それがそもそもの原因です。

 

 一つの事に集中するのはいいのですが、それで固まってしまうと他の事が目に入らなくなります。

思考や行動を単純に繰り返すのは、時に停滞を招きます。

「いつもと違う事をやってみる」事の大切さ

 ふと思い立って、いつもと違う道をとおってみました。

すると見慣れないものが目に入るだけで、とても新鮮な気分になれました。

ほんの少しですが、スッキリとしたものを感じました。

 

 極々小さなことですが、パターン化された行動をかえるだけで何かが変わるきっかけいなります。

「自分が普段しない事」をやることにより、新しい刺激が加わります。

そうするとものの見方や考え方に影響が出るんだなと、実感できました。

 

 毎日を楽しく過ごすためにも、大切な事だと思います。

同じことを繰り返す楽しさや大切さは、確かにあります。

しかしそれも度を過ぎたり、全く何かを変えないことは、逆に害になるのではないでしょうか。

 

 適度な新しい刺激は、物事の見方や考え方を色々と変えてくれます。

小さなことでもパターンを変えてみる大切さ

 具体的に何をして、いつもの生活に刺激を与えればいいのでしょうか。

簡単にできるのは、

  • いつもと違う食事をする
  • 読む本を変えてみる
  • 聞く音楽を変えてみる
  • 普段はあまり着ない服をきてみる
  • 店を変えてみる
  • 部屋の模様替えをする
  • 整理整頓して、思い切って物を捨ててみる

等でしょう。

 

思い切り日常を離れるのなら、旅行や引っ越しが一番刺激的です。

しかし中々難しい面が多くあります。

 

 何か行き詰ったら、それは何かを変えるチャンスともとれます。

ちょっとだけでも刺激をくわえると、心が楽になるかもしれません。

 

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ