そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

理想に近い手帳が100円ショップにあった話

100円ショップの手帳があなどれない

手帳を色々と探していたのですが、今年の手帳は100円ショップのものに決めました。

いつもはマンスリーとウィークリーが一緒になったタイプの手帳を使っていました。

荷物を少しでも軽くしたいと思い、今年はマンスリータイプとメモ書き用として野帳を使おうと考えています。

 

そこでマンスリータイプの手帳を色々と探していたら、100円ショップの手帳に理想とするものがありました。

f:id:pomu2019:20191008112248j:plain

ファスナーは特に必要ありませんが、カバーとしてそのまま使いたいと思います。

中身はマンスリーとメモ欄です。

f:id:pomu2019:20191008112257j:plain

f:id:pomu2019:20191008112307j:plain

本当はメモ欄は方眼が嬉しいのですが、これはリーガルパッド風です。

このメモ欄を見た途端「あれ?これでもしかして欲しい機能が十分じゃない?」

決め手になりました。

 

リーガルパッドは、ちょっとした走り書きをするのに便利です。

このメモ欄だと、ちょっとした予定も書きやすそうです。

必要最小限の機能をもつ手帳でいいと探していたら、こんな手帳を見つけました。

100円ショップにあるとは、完全に盲点でした。

 

この手帳に週間単位のページはなく、月間単位とメモページがあるだけ。

紙質も普通のノートレベルのもので、手帳に最適なものではありません。

とてもシンプルな手帳なので、物足りない人もいるでしょう。

しかし手軽でシンプルな手帳を探しているなら、この手帳は選択肢の一つだと思います。

100円ショップの手帳を色々さがしていて気が付いたこと

100円ショップの手帳は、「日本製」というシールが貼られているものと貼られてないものがあります。

それによって、紙質が全然違っています。

「日本製」と書かれた手帳は、紙質が割と普通で手触りも滑らかでノートレベルです。

シールが離れてないものは、紙質がとても荒っぽいものが多くメモ帳レベルです。

 

デザインの幅広く、シンプルなものからビジネスでも使えそうなもの、可愛い物、クラシック風なものと色々あります。

どの手帳も、本当に必要最小限の機能だけです。

紙質にこだわりがなくシンプルな機能の手帳を探しているなら、100円ショップの手帳はかなりお得だと思います。

野帳と一緒に手帳を使ってみたい

野帳と一緒に持ち歩いてみましたが、今までの手帳よりはるかに軽くて快適です。

2冊管理というのは面倒だと思っていましたが、今のところ特に面倒だと思う場面は多くありません。

 

マンスリーに大まかな予定を書き、ちょっとしたこともメモします。

野帳にも予定の詳細を書く事がありますが、思いついたことや考えたこと、人に見せたくないことを書いています。

野帳が簡単な日記代わりになっている感じでしょうか。

 

両方とも薄いので、カバンが薄くても持ち運びが楽です。

手帳だけ、野帳だけ。

分けて1冊ずつ持ち歩くこともできます。

 

野帳の書き心地がいいので、色々書くのが気持ちいいです。

2冊に分けてよかったな、というのが今の感想です。

(2020/1/20追記)

100円ショップの手帳は、一番売れる時期を過ぎると追加発注されることはまずありません。

原則店舗に並んでいるものが全てです。

4月はじまりの手帳もありますが、1月はじまりの手帳より規模が少ない傾向があります。

1月はじまりの手帳と4月はじまりの手帳は、デザインも変わります。

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ