そろそろアレな世代の話をしようか

氷河期世代の一人が世間の隅っこで色々と書くブログ

整頓された部屋に必要な事はほんの少しの行動

 整頓された部屋にしたいなら

 1人暮らしをしていると、部屋の掃除も片付けもすべて自分でする必要があります。

仕事や学校で疲れて帰ってきて、部屋の整頓も片付けもできない。

そんなことはよくあります。

私もその一人です。

 

 長年1人暮らしをして実感していますが、整頓された部屋に必要なのはほんの少しの行動だけです。

「使ったものは元の場所に戻す」「買ってきたものを片付けるまで一息つかない」

この二つを守れば、部屋がかなり荒れにくくなるとわかりました。

余りにも普通ですが、実はとても重要な事だと実感しています。

とりあえず一回整頓してみてからの話

 部屋を整頓するのは、思っている以上に心と体が疲れます。

だから部屋の一部分から徐々に進めていくことが大切です。

例えば私は、今日は机の中だけ、次の日は棚の1段目だけ、という風に細かく区切ってやるようにしています。

 物を一度整理することは大変ですが、実はそのあとの方が重要です。

それは整頓された状態をキープすること。

綺麗な状態をキープするのが最重要

 綺麗な部屋作りで一番大切で大変なのは、綺麗な状態をキープすることです。

部屋が何故散らかるか、汚くなるかと考えた時、色々な要因があります。

自分なりに一番大きな原因だとわかったのが、使ったものを置きっぱなし・出しっぱなしにしてしまうことです。

そうすると結局、見た目が雑になってしまうことで物を散らかしても平気になってきます。

所定の場所に必要なものがないので、あれこれ探して時間がかかります。

余計に疲れるので、整理整頓をしたくなくなります。

という悪いスパイラルに陥り部屋が乱れて、また全体の整頓から始めなければなりません。

 

 それを防ぐにはどうすればいいのか?

とても単純ですが、使ったものは元の場所に戻す事です。

余りにも当然すぎる上に簡単ですが、これは真理だと思っています。

最初は面倒だと感じることもありますが(特に疲れている時)、やっていくうちに習慣になって気になりません。

これだけで、部屋の状態がかなり保たれます。

 整理することで物の場所を決めることになり、わかりやすくなって余計な事でイライラしないだけ楽になります。

買ってきたものをしまうまでが買い物

 生活をしていると、どうしても必要なものが増えたりします。

日用品や食料も買ってくる必要があります。

それをしまうまで座らないようにしていますが、気分的にすっきりします。

「物をしまい込むのが面倒くさいな」と思いつつ次の事をするよりも、予めやっておいて休んだり次の行動をとると気分が楽です。

 これも当たり前ですが、とても実感しています。

やらないでおくと物が出しっぱなしなので見た目も悪いし、本当に面倒くさくなって「このままでいいや」となるからです。

単純だけど効果あり

 上記の方法はよく言われることです。

単純ですが、実際にやってみると部屋が散らかりにくくなりますし、何よりも精神的に楽なのが一番嬉しいです。

 

 どうしても疲れてそのままにすることもあると思います。

使ったらその場に置きっぱなし、買ってきたものをそのままにしておく、置き場所の準備ができていなかった等、色々な状況が考えられます。

そんな時私が気を付けているのは、極力早く行動すること。

メモを目につくところにおいて置いたりするだけでも、意識が違います。

「片付ける必要がある」と自分に認識させて置き行動すること、それが一番です。

これは他人に言われると腹が立ちますし、やってもらえません。

本当に面倒くさいと思っても、腹をくくって自分でやるしかありません。

もし部屋が乱れたらやり直せばいい

 そうはいっても、段々部屋が乱れてきたり生活パターンと部屋が合わなくなってくることもあります。

そうなったらもう一度整理からやり直しです。

また一からやり直すので面倒だと思いますが、ある程度ベースができている整理整頓はかなり楽です。

これは自分で実感していますが、一から自分で作るよりも1/3程度の労力で済みます。

最初の一歩が重いですが、思い切って整理整頓をするとどう転んでも精神的にも肉体的にも楽です。

 重い一歩を踏みだしにくいと思いますが、勇気をもって踏み出してみてください。

そうするとスムーズに進むことが多いですよ。私もそうでした。

 

 部屋の整理整頓方法自体は色々ありますが、真似てもいいのでやっていくうちに自分なりの方法が見つかってきます。

そして状態をキープして、多少の変更をする。

それが整頓された部屋の極意だと思います。

 

スポンサーリンク


プライバシーポリシー お問い合わせ